スポンサードリンク


医薬品登録販売者情報サイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら
医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース

低炭水化物ダイエットの危険

ハーバード大などの研究グループによるスウェーデン女性を対象とした食事と病気に関する追跡調査で、炭水化物を制限する食事を長期間続けると、心筋梗塞や脳卒中になる危険性が高まるとの結果が英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に掲載されました。今回の発表は、スウェーデンの30~49歳の女性、4万3396人の食生活を約15年間観察し、心筋梗塞や脳卒中などの発症を追跡調査したのものです。一般的に、炭水化物を...
低炭水化物ダイエットの危険」の続きはこちら
医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース

「ラップ療法」 傷口が腐る例も

やけどなどの傷を早くきれいに治せるとして、傷口をラップで巻く「ラップ療法」がネットや口コミで広まっているようですが、重い感染症などを引き起こすおそれもあることから、日本熱傷学会では、今後注意を呼びかける声明を出すそうです。 「消毒をしない」が原則? ラップ療法は、従来主流だった傷口を乾かして治す方法と違い、傷口からしみ出してくる体液を閉じ込めて傷を治す「湿潤療法」のひとつです。細胞が再生する自然の治...
「ラップ療法」 傷口が腐る例も」の続きはこちら
医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース

ロキソニンスイッチOTC化

ロキソプロフェン水和物(医療用医薬品名「ロキソニン」)を有効成分とする「ロキソニンS」、持続性の抗アレルギー成分のエピナスチン塩酸塩を有効成分とするアレルギー用内服薬「エスタック鼻炎24」のスイッチOTC化が、薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会で了承されました。今回の審議では、用法・容量に関して薬剤師が情報提供を徹底すること、服用後も痛みが治まらない場合にはきちんと受診勧奨を行うことなどを条件に、一...
ロキソニンスイッチOTC化」の続きはこちら
医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース

医薬品に特化したコンビニ型の「Medi+マツキヨ」開設

ドラッグストア大手のマツモトキヨシは、東京品川区の都営地下鉄「五反田駅」地下1階コンコースに、医薬品第2類・第3類医薬品に特化した新業態店「Medi+マツキヨ」1号店を13日にオープンしました。新店舗の名称は「Medi+マツキヨ(メディプラスマツキヨ)都営五反田店」で、医薬品に特化した店舗となっていますが、登録販売者による運営で第2類医薬品・第3類医薬品の販売を中心としているようです。売り場面積が小スペース...
医薬品に特化したコンビニ型の「Medi+マツキヨ」開設」の続きはこちら
医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース

第1類薬の売上が6割の店舗で減少

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は6月から施行された改正薬事法に関して、現在会員企業にアンケート調査を行っており、現時点までの状況の報告があったようです。第1類の医薬品販売では、昨年に比べて売り上げが減少した店舗が約6割ほどあったようですが、中には増加した店舗も1割強あるようです。リスク別シールの貼付については、シール不足などで完璧な対応には至っていないようですが、約9割の対応が確認さ...
第1類薬の売上が6割の店舗で減少」の続きはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。