スポンサードリンク


スポンサーサイト

2009年6月の改正薬事法以降

2009年6月に施行される改正薬事法に伴って、ネットで販売されてきたOTCの大半はネット購入不可となるといわれています。従来の薬事法では、市販薬の販売は薬局や許可を受けた薬店であれば無資格者でもできましたが、改正薬事法では市販薬をリスクに応じて三分類し、最もリスクの高い一類は薬剤師、二類は薬剤師か、医薬品販売の情報提供などに関する都道府県試験を合格した「登録販売者」による店舗での対面販売に限定するよう...

第2回登録販売者試験 北海道・東北ブロックの解答速報

第2回登録販売者試験 北海道・東北ブロックの解答速報をネットパイロティング株式会社が発表しています。この解答はネットパイロティング株式会社が独自の見解で作成・提供しているので、内容についての保障はありません。http://www.npinc.jp/th_kaitou/e/post_48.html...

医薬品登録販売者資格試験合格後

登録販売者試験に合格すると合格証書が交付されますが、これだけでは登録販売者にはなれません。登録販売者になるためには、合格証書のほか、「販売従事登録申請書」「戸籍謄本または抄本」「診断書」「雇用契約書の写しまたは雇用関係を証明する書類」などの書類を添えて勤務する所在地を管轄している保健所等に提出します。販売従事登録申請書の書式は当該薬務主管課に備えてありますが、インターネットでもダウンロードできます...

第2回登録販売者試験 群馬・茨城・山梨・長野・新潟

第2回登録販売者試験は群馬・茨城・山梨・長野・新潟が同じ問題でした。長野県の試験問題長野県試験問題午前長野県試験問題午後長野県試験問題正解長野県の合格発表は平成21年1月28日(水)午前9時http://www.pref.nagano.jp/eisei/yakumu/tourokushiken/shikenannai.htm...

第2回登録販売者試験実施日

第2回登録販売者試験実施日の状況2008年12月25日登録販売者試験茨城県・群馬県・東京都・山梨県・長野県・新潟県2009年1月11日登録販売者試験奈良県2009年1月28日登録販売者試験北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県...

第1回医薬品登録販売者試験全国の合格率

第1回医薬品登録販売者試験の合格者と合格率北海道受験者数1998人 合格者数1095人 合格率54.8%青森県受験者数680人 合格者数361人 合格率53.1%秋田県受験者数・合格率は非公表 合格者数198人(出願者速報値378人、合格率 52.3%)岩手県受験者数600人 合格者数258人 合格率43.0%宮城県受験者数・合格率は非公表 合格者数466人(出願者速報値880人、合格率 52.9%)山形県受験者数394人 合格者数187人 合格率 47.5...

登録販売者受験テキスト―一般用医薬品販売のスペシャリスト

医薬品登録販売者の勉強を始めたばかりの人にとって登録販売者受験テキスト―一般用医薬品販売のスペシャリスト (LICENSE BOOKS)は少し困惑してしまうかも知れません。内容が箇条書きになっているので、医薬品登録販売者の勉強をかなり進めている人には要点確認のために使うと便利です。...

登録販売者試験想定問題集

医薬品登録販売者試験の問題集の中でも登録販売者試験想定問題集は最初に出版されたと思います。図解が無く、文章だけなのでテキストとしてはかなり使いにくいですが問題は医薬品登録販売者試験と類似しているものが多かったです。医薬品登録販売者試験の問題も堅苦しい文章が多いので試験問題に慣れるにはとっても良いと思います。...

完全攻略 医薬品「登録販売者試験」合格テキスト+模擬問題

医薬品登録販売者試験のテキストと模擬問題が一緒になっている完全攻略 医薬品「登録販売者試験」合格テキスト+模擬問題は図表、図解が豊富です。医薬品登録販売者試験の模擬問題に関しては不安が残る感じがするので他の問題集と一緒に勉強したほうが良いと思います。...

一発で合格!登録販売者試験

医薬品登録販売者試験の主なポイントを押さえてる一発で合格!登録販売者試験ですが、これ一冊での試験対策は不安が残る感じがするので、補助的に使うと良いと思います。詠みやすく、重さもそんなに無いので、出かけているときや通勤中にも活用できそうです。...

U‐CANの登録販売者これだけ!一問一答集

携帯サイズのU‐CANの登録販売者これだけ!一問一答集は電車の中や仕事の合間に勉強できる問題集です。解説は要点だけを書いてあるので、詠みやすくなっています。全問で1011問あるので、医薬品登録販売者試験前の復習にも使えます。...

第一回医薬品登録販売者試験問題

第一回医薬品登録販売者試験問題PDF形式ファイルです。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードして下さい。東北・北海道(青森)登録販売者資格試験問題北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島は同一問題関東・甲信越(東京)登録販売者資格試験問題関東・甲信越(埼玉)登録販売者資格試験問題千葉、埼玉、神奈川は同一問題関東・甲信越(山梨)登録販売者資格試験問題新潟、長...

解きながら学ぶ登録販売者試験対策問題集

医薬品登録販売者のテキストを読み込んでから、この解きながら学ぶ登録販売者試験対策問題集に取り掛かると良いと思います。各問題の解説を読み、理解力をあげることが出来るので医薬品登録販売者試験の直前対策にも使えます。...

よくわかる一般用医薬品

一般用医薬品の成分を図表と製品写真を使ってわかりやすく解説した医薬品解説の決定版がこのよくわかる一般用医薬品です。一般用医薬品の作用や副作用が分かりやすく書いてあるので、医薬品登録販売者の人、これから登録販売者を受験する人は必ず持っておきたい一冊です。...

医薬品登録販売者の試験

医薬品登録販売者の試験は厚生労働省の検討会のとりまとめや薬事法施行規則改正案では、国の作成する「試験問題作成の手引き」等に準拠し、都道府県が問題を作成し試験を実施することになっています。医薬品登録販売者試験はマークシート方式の筆記試験で、下記の分野について出題されます。 合計で7割の正答率が求められるほか、各項目ごとにも都道府県知事の定める一定の得点が必要とされるうえ、確実な理解が必要とされる項目に...

医薬品登録販売者の実務経験

医薬品登録販売者の実務経験は以下の通りです。実務経験の期間は、下のすべての条件を満たさなければならない。不正な実務経験証明の発行が予想されるため、不正に証明したものには罰則が検討されている。1.  薬局、一般販売業(卸売はのぞく)、店舗販売業、薬種商、配置販売業で従事していること。   メーカー、卸売等は認められない。 2.  業務内容が以下のすべてに該当すること。   調剤事務、配送等、直接販売に従事...

医薬品登録販売者の受験資格

医薬品登録販売者の受験資格は以下のいずれかに該当する者となっています。 1.  高等学校卒業かつ、1年間の実務経験のある者 2.  4年間の実務経験のある者 3.  6年制薬学部又は旧4年制薬学部等の卒業者 4.  上記の者と同等以上の知識経験があると都道府県知事が認めた者       1. 旧大検および高等学校卒業程度認定試験の合格者でかつ1年間の実務経験のある者       2. 外国薬学校卒業者...

販売できる医薬品の範囲

医薬品登録販売者の販売できる医薬品の範囲としては、第一類医薬品は薬剤師による対面販売での書面情報提供義務があるので販売できません。毒劇薬や医療用医薬品の零売、毒劇物の販売、調剤などは医薬品登録販売者では行うことができません。一般用医薬品の第二類および第三類を販売することが可能です。...

医薬品登録販売者の概要

医薬品登録販売者制度が制定される以前から、薬剤師のいない店舗においても一定の実務経験のうえ都道府県知事の行う薬種商販売業認定試験に合格した人であれば、指定医薬品をのぞく一般用医薬品を販売することができました。しかし受験資格として開業の計画がある人だけと制限され、個人に与えられる資格というよりも、店舗に与えられる許可という性質がありました。2006年の薬事法改正で薬種商制度が廃止されたことにより、この医...

医薬品登録販売者とは

医薬品登録販売者(とうろくはんばいしゃ)とは、医薬品の店舗販売業者等において、第二類および第三類一般用医薬品を販売する際に、2009年4月より必要となる都道府県試験の資格です。医薬品の区分が義務化されるのは2009年4月からですが、資格の効力が施行されるのは2009年6月14日からとなっています。第1回試験は東京都等で2008年8月12日に実施されました。ドラッグストアなど、薬局・薬店で一般用医薬品の販売を薬剤師とともに...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。