スポンサードリンク


医薬品登録販売者情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース >>漢方薬の郵送販売 電話による郵送販売容認を要望

漢方薬の郵送販売 電話による郵送販売容認を要望

「漢方薬など医薬品の郵送販売継続を守る会」(代表:根本幸夫氏・平和堂薬局)は3日に記者会見し、「漢方薬の初回対面を行った上の、2回目以降の電話による郵送販売を恒久的に認めてほしい」と訴えました。

この会は、郵送販売禁止に反対する署名を3カ月間で約4万7000人分集めており、既に舛添要一厚生労働大臣などに宛てて送付しているそうです。
会見には、漢方薬の郵送販売を利用する障害者の家族も同席し、郵送の必要性を訴えていました。

根本氏は、

「1日以降、新規の患者に漢方薬が郵送できなくなるのは、患者側から見ると一つの差別。また、以前から薬を郵送していた人も、症状が変化して薬が変わったら送れなくなる。そもそも2年間の経過措置後は、全ての患者に郵送できなくなる。今回の省令は、弱者に優しい省令ではなく、弱者切り捨てだ」

漢方薬については

「初回対面を行った上の、2回目以降の電話による郵送販売を恒久的に認めてほしい」、「厚労省は薬局に対し、セルフメディケーションの拠点としてがんばれといっているが、今回の省令は全く相反するものだ。そもそも、困っている人に漢方薬を郵送する方法は、50年も昔から行われてきた伝統的なもの。それをインターネットと同等に扱うのは不当。漢方薬は、一度は患者と顔を合わせ、全て症状を聞かないと販売できない。決して通信販売中心の販売ではない。厚労省は実態調査が足りていない」

「初めに省令ありきではなく、根源に立ち返って、弱者に優しいきめの細かい省令としてほしい」と強く訴えていました。

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。