スポンサードリンク


医薬品登録販売者情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース >>登録販売者試験「売薬さん」受験機会を確保

登録販売者試験「売薬さん」受験機会を確保

富山県は新年度、薬の販売者を対象とした「登録販売者」の資格試験を2回以上実施することを決めたそうです。

今年度初めて行われた試験の県内合格率が56%と、東海北陸6県では最低だったこともあって、伝統の配置薬業者「売薬さん」らの受験機会を確保し、支援することが狙いとなっています。




スポンサードリンク

売薬さんは資格を持たなくても販売を続けられるのですが、富山県によると、法令上扱える品目が全体の約2割に限られているため、有資格者は多くの大衆薬を扱える点もメリットとなっているようです。

富山県は「売薬さんの高齢化で受験者の年齢層が上がったことが影響した」と説明しています。
初回の試験の県内受験者1104人のうち、60歳以上が308人と27・9%を占めていましたが、他5県のほとんどでは数%程度でした。
県内の売薬さんは昨年度、1634人と、4年で500人以上減少する一方、平均年齢は約63歳と高齢化しているのが現状だそうです。

富山県は「登録販売者資格の導入は対面販売で安全性を確保するのが狙い。長年の経験で薬をよく知り、接客も得意な売薬さんには有利な面もあり、受験を促したい」と話していますが、今まで知識が無いままに商売していたと考えると、かなり怖いと思うのは私だけでしょうか。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。