スポンサードリンク


医薬品登録販売者情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース >>平成20年度神奈川県登録販売者試験に係る合格取消し処分

平成20年度神奈川県登録販売者試験に係る合格取消し処分

平成20年8月12日に実施された神奈川県登録販売者試験において、受験資格を満たしていない者が受験し合格していたことが判明したため、当該合格の取消し処分がありました。

登録販売者になるには、試験に合格後に医薬品の販売に従事しようとする店舗の所在地の都道府県に登録することが必要ですが、この件については登録前に判明したため、登録販売者にはなっていないようです。


スポンサードリンク

取消しの内容
横浜市在住の60歳代の男性に対する平成20年度神奈川県登録販売者試験の合格の取消し


取消しの年月日
平成21年3月19日


取消しの理由
受験申請書に添付した実務経験証明書に不正があり、薬事法施行規則第159条の5第2項のいずれの規定にも該当しないことから、受験資格がなかったと判明したため


取消しに至った経緯
(1)平成21年1月21日、匿名のメールで、受験資格となる実務経験が適切でない者が受験している旨の情報提供。

(2)1月22日、実務経験の証明を行った東京都所在の営業者(以下「営業者」という。)に対し事実確認の調査を指示。

(3)1月27日、取消し処分の対象となる当事者(以下「当事者」という。)が、自ら来庁して不正受験を申告。

(4)1月28日、営業者が来庁し、本県の受験者1名について不適切な実務経験の証明を行った旨を報告。

(5)2月2日、当事者が、「事実関係報告書」、「合格取消し願い」及び「登録申請取下げ願い」を提出。

(6)2月4日、営業者が来庁し、今回の事態に至った経緯及び今後の改善策等について報告書を提出。

(7)3月18日、当事者の聴聞。

(8)3月19日付けで合格取消し処分。


再発防止に向けた取組み
営業者に対して再発防止を厳重指導(文書指導)するとともに、関係団体あてに注意喚起を通知。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。