スポンサードリンク


医薬品登録販売者情報サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

医薬品登録販売者情報サイトトップ >医薬品ニュース >>日経スペシャル「ガイアの夜明け」ドラッグストア・ビッグバン ~追跡・・・“薬”の門戸開放~

日経スペシャル「ガイアの夜明け」ドラッグストア・ビッグバン ~追跡・・・“薬”の門戸開放~

5月12日放送の日経スペシャル「ガイアの夜明け」 ではドラッグストア・ビッグバン~追跡・・・“薬”の門戸開放~という内容が放送されました。

今年6月には約50年ぶりに改正された薬事法が施行されます。
薬事法施行後、「最大の改革」と呼ばれる今回の改正薬事法で、医薬品は効き目と副作用の強い順に、1類~3類に分類されました。

1類は薬剤師のみが販売を許され、2類と3類は去年導入が決まった新しい資格「登録販売者」がいれば販売でき、1類と2類の薬品についてインターネットや電話での販売は原則禁止される方向ですが、その一方で、2類と3類の大衆薬は、薬剤師がいないスーパーやコンビニでも販売が可能になったわけです。



スポンサードリンク

・参戦!コンビニ・家電量販店
・高い専門性と利便性で10兆円市場へ
・10年後を見据え、地域医療と提携
・改正薬事法、そして富山の薬売りは今…

といった感じで内容は放送されたのですが、登録販売者のことを取り上げられたのかと思っていたら、話はもっとシビアな方向へ向かっていき、薬という分野を超え訪問看護の難しさに焦点が合わされていた気がします。

この訪問看護士さんは大手ドラッグストアのスギ薬局グループ、スギメディカルが運営する訪問看護ステーションに所属する看護師だったのですが、医療分業といえどもやはり立ち入りの難しいところはあると思います。

「お薬がコンビニなどで簡単に手に入るようになりました。」的な内容だと思っていた人も多かったのではないでしょうか。
実際には「結局、登録販売者ってこれからどうなるの・・・」という不安が出てきたような気がします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。